ブログ↑ブログ一覧

2021/03/01

2月28日コロナ感性の人数の統計より

【小池百合子都知事頑張ってます。】

東京都では

新型コロナ 6人死亡

329人感染確認 感染

約4割が65歳以上になっています。

<img class=”i-amphtml-blurry-placeholder” src=”data:;base64,東京都 新型コロナ 6人死亡329人感染確認 感染約4割が65歳以上
東京都内では、
2月28日新たに329人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
まだまだ、続くには。多い数です
【医療現場では、
夜の救急搬送は大変な状況になっています】
当社も
あるスタッフが、
今のこの時期に
病院での夜間救急のサポートに出向いていて、夜から朝まで医療現場で勤務しているそうです。聞いて驚きました。
スピードがいる
瞬時の洞察力がいる
現場では、、
医師や看護師が緊迫していて大変な
夜間救急の場を体験しています。
そこを当社スタッフは
バックアップをしているそうです。
翌朝からはわたくしの施設にきて
掃除機をかけてくれたり、患者さまを
サポートをしてくれています
極めた貴重な患者さまや医療現場を明るく心を支援できる人材なのです
【わたしはある時にそのスタッフにたいして
あなたは 子供が産めないじゃないか?】
【わたしの妻は子供を産んで育てている、立派だよ、子孫も増やせない子供が産めない人間が何をいっているんだ。
と。ひややかな目でそのスタッフに話した。】
これが、わたくし加藤雅彦 でした。
常に 周りの働く女性スタッフには、
私は冷たい言葉を毎回普通にこんな感じに話していたのでしょう。
鍼もきみたち うまくできないだろう。
教えていくことも。弟子をうまく育てることさえ。できなかったのは、
ひとえに。自分が一番と。考えすぎてきたからだと思います。
自分は昭和生まれだから、まだ、
男尊女卑があると、まで。痛烈にスタッフに話したこともあり、、
時代についていけてませんね。と、、、
これは。社長として 本当に失格であるとも
きつかずに鍼の企業を経営者として経営して生きてました。
そのスタッフにわたくしは
冷たい言葉をかけた。
しかし。スタッフは、
【加藤さん。院長、あなたはそれでも
妊活の患者さまを毎日ケアをしてみている鍼の施術院の院長なんでしょうか?
妊活を真剣に考え来院くださる
患者さまを接しているのはなぜか?
赤字だから 自分が働かないと会社が生きていけない。と。わたしは、反論しましたら。
なんでも60代すぎてお金としか、
見ない院長はまだまだ、
【人として
成りたっていませんね。】と、一言いわれました。
周りの開業医をみてみろ、みんな裕福だろ。
医療も金だ、
金がないと子供を東大の医学部に行かせられない、金が有れば教育が、できる。と
きみは子供が産めないから、わからないんだよと。
わたくしは、スタッフに反論をしました。
【間違いですね。】
スタッフからは、
【世の中には、子供が産めない人もいますよ。
加藤院長の奥さんが子供を産んで子育てできているから。と、
しかし。奥さんは、世の中で社会で貢献できているか?
会社の仕事されても スタッフを大切にされてきたのか?
消費税を加藤院長は、支払いしているのか?】
と。スタッフが、厳しくわたくしに問いかけてきました。
スタッフは。
確かに、いまのコロナの時期に貴重にも医療現場で貢献している。のです。
そして、私は、さまざまなスタッフに
子供を産めないスタッフに人にたいして。
ひどい言葉を62歳として過去も今も変わらずに、発してました。
これは、ひとえに
きちんとした友人ですらつくらなかった。
いなかったために、社会経験をつまなかった。
面会している方が。患者さましかいかなった。
横の繋がりをつくろうとしなく生きてきた
ために。
自分たちが、
小さな中小企業で偉そうになり
お山の大将 でしか、なく、、今回は
さまざま、諭されました。
自分のことしか考えられず、
お金さえあれば
なんでもできると。
自分にさえお金が入ればよいと、
自分の子供の教育もでき 東京大学にいかせられる。と、
自分が貧しい所からスタートしたもので、
医学部に親に行かせてもらえなかったことが、どこか?心の隙間にあったのでしょうね
いまの62歳まで 周りにまったく配慮もせずに
生きてきた人生はこんなものです。
家族も 【お金がほしい。】こんなものです。
周りから最近は教えられています。
【スタッフはある意味。
若いが社会での知識や経験の積み重ねの経験者です】
コロナな時期の医療現場がいかに、
いかに医療現場に人が足りていないか??を
理解していました。
【東京都発表では、】
このうちおよそ40%の131人は、
65歳以上でした。
特別養護老人ホームなどで
クラスターが発生し、
高齢者に感染が広がるケースが目立っています。
【東京都の発表】

28日都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女合わせて329人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

都内で1日の感染の確認が500人を下回るのは22日連続です。が、まだまだ 100人を下回らないのが現実ですね。

【年代別は、つぎのようです】
▽10歳未満が9人、
▽10代が17人、
▽20代が43人、
▽30代が50人、
▽40代が36人、
▽50代が30人、
▽60代が27人、
▽70代が40人、
▽80代が45人、
▽90代が30人、
▽100歳以上が2人です。

このうち65歳以上の高齢者は131人で、

全体のおよそ40%を占めています。

28日の329人のうち35%にあたる116人はこれまでのところ感染経路がわかっていないということです。

一方、

感染経路がわかっている濃厚接触者の内訳は、「施設内」が最も多く126人、
次いで、「家庭内」が58人、
「職場内」が12人、

「会食」が6人などとなっています。

このうち「施設内」では、

6の医療機関で患者と職員合わせて40人、

8の高齢者施設で利用者と職員合わせて83人の感染が確認されました。

老人保健施設や特別養護老人ホームなどで

クラスターが発生し、

高齢者に感染が広がるケースが目立っています。

これで都内で感染が確認されたのは合わせて11万1676人になりました。

また、今月の感染確認は1万997人で、月別で最も多かった先月の4万367人と比べて70%余り少なくなりました。

一方、

28日時点で入院している人は、

27日より2人増えて1696人でした。

「現在確保している病床に占める割合」

は33.9%です。

このうち都の基準で集計した28日時点の

重症の患者は27日より1人減って67人で、

重症患者用の病床の20.3%を使用しています。

また、都は、感染が確認された80代と90代の男女合わせて6人が死亡したことを明らかにしました。

3人は入院していた医療機関で、

2人は家庭内で、

1人は入所していた老人保健施設でそれぞれ感染したということです。

これで都内で死亡した人は

合わせて1376人になりました。

小池知事「下げ止まりどころか増えている」

東京都の小池知事は、都庁で記者団に対し「先週の日曜日が270人台、28日は330人近いということで、下げ止まりどころか、残念ながら増えている。いま必要なのは、徹底して人の流れを抑えていくことだ。人の流れが増えて再び感染が拡大することがないよう協力をお願いしたい」と述べました。
地下鉄に乗っても椅子に座らない
吊革につかまらない、人を見るのですが、
やはりとっても 日本人はよく注意をして
コロナの対応をしていると感じています
丁寧な丁寧な手洗い対応。
丁寧なうがい対応、マスク。
コロナの時期には絶対に、自分の身の回りを
コロナに感染を防ぐための、ソーシャルディスタンスが大切ですね。
当施設のソーシャル 手洗い場 の写真を1枚載せてみます
花を1週間に2回交換してます
医療用のアルコールのほかに
UTOWAの water mist を置きました
併用していただいてます
わたしの施設では、
空気の入れ替えを常にして、アルコールを施術するすべての部屋、待ち合い、スタッフルーム
さまざまな場所にて、アルコールはスプレーをたくさん配置して、コロナな時期の対応をして
います。手洗い場にはさまざまな工夫をして常に衛生環境をしてます
スタッフも私も。
ビタミンC.ビタミンE.
漢方、
水分補給
カテキンを毎日勤務じかんには、取るように
工夫をしています
患者さまにも いちごを そっと新鮮なビタミンCをおすすめしています
笑顔になっています
いちごを1つ良かったらどうぞ、、と
お出ししますと患者さまは、その新鮮さに
感動してくださいます
小さなご配慮が、ありがとう に ソーシャルに変わりますように。ご協力させていただいてます。
スタッフが。すべて整えてくれ、私はそれを見ていますが、1年過ぎたときに、患者さまが
1人でも笑顔になってくださいましたらと
謙虚な気持ちになるように、、、
さまざまなことを 教えてくださいね
患者さまには ご来院時に
手洗い
マスクの交換
うがい、待ち時間は 気持ちを穏やかに過ごせますような 配慮を コロナの時期にこその
ソーシャルな丁寧な対応です。
患者さまが。治療室に移動にも
スタッフが丁寧な花や植物のソーシャルディスタンスの通路を通り 通過して 移動しています。植物は二酸化炭素を吸収して 綺麗な空気に浄化してくれます
また、夜の間に 綺麗な空気に優れた空気清浄機をつかいまして本当に改善に改善をしています。
本物の植物たちが、コロナ感性時に本当にチカラを貸してくれてます
伊勢丹には サンタマリア ノベッラがあり
アロマは歴史があるイタリアのサンタマリア ノベッラ
イタリアのジョルジュ アルマーニを
こだわりの一品を静かに施設内に使っています。ヨーロッパの教会の中庭のハーブの香りを
どこともなく、居心地のよい場所にと
一品を使って約1ヶ月ですが 患者さまが
リラックスをしている姿が見え始めました
あまり ここまでこだわる施設はないのでないか?と思います
なによりも、生花や植物たちが心の清浄機に 24時間活躍してくれています。
わたくしの、治療室にいくまでの夕方の廊下
植物によるソーシャルディスタンスの場です
小さな 植物による工夫をしています
ご自宅でも参考にされてみてください。
ご予約・お問合せ