ブログ↑ブログ一覧

2021/04/03

西麻布の3つ星 レフェルべソンス

西新宿のHERB SOIN

加藤鍼灸整骨院、、

こちらの運営には。

世界的をまわり、積み重ねを積んだ

世界の評価や世界のサービスの評価をできる人々が運営にいま参画していることをお知らせしておきます

たんなる 鍼灸治療にてお金を稼ぐだけの

仕事は患者さまにたいしてよいことではなく。

他の不妊治療の医療従事者も企業もふくめて意識が向上していかないと、

妊活や不妊治療が 利益を目指すのでなく

社会貢献や。まごころが、大切な部分です。

 

 

 

 

います。しかし、その部分が なかなか変わらないのが、加藤鍼灸企業であるのは

実は本音であります

 

たしかに、お金に目を向けるだけの鍼灸治療院企業でよいのか?これは全国の医療において

80%くらいの医療従事者 経営者はもうかっているとおもいます。

そこには

つぎには、患者さまへの気持ちの配慮はいると思うのですが、利益ばかりを追う経営者はなかなか こころは 変わらないものです。

毎日 努力しています。

そこにはまったく違う

ジャンルの人達にいま、小さなご協力をしていただいてます。そして。イノベーションです。

妊活 不妊に、足りない医療従事者の考えや

鍼灸治療 マッサージにいたるまでの医療従事者の考えをゆっくりと意識を変えていく必要があります。そこには医療従事者たちの日々の生活スタイルやら、スタッフのお給料にいたるまでが、働く側の賃金が低すぎなかでは、豊かな優しい発想はうまれません。学校からの教育がとても大切であるとも考えますが、

新しい発想をきちんと盛り込んでいく必要が本音であり改善がいります。

 

人生経験と、患者様を 優しい気持ちでお迎えする包容力につきるな、、と、実は現場を見て体感してました。そこで、3ヶ月過ぎて加藤グループの新宿院や八幡山院内もゆるやかに、なん整え始めてきたなかで、

患者さまへのまごころ サービスが、次の患者様へつながる プログラムをスタッフの1人にしても、意識を変えて欲しいと願います。

協力をもとめるのは

優れたレストランチームの方たち、

優れた5つ星ホテルチームの意見を聞いて

そして、生きた お花 達です。

 

加藤鍼灸治療院では、

レストラン レフェルべソンスの生江シェフがプロデュースする六本木ヒルズのブリコアージュ

こちらで焼いた小さなパンやクッキーを一週間に1回、9時にはピックアップ。して新宿に運んでいます

1つ。100円のパンと小麦粉や使う水、すべてが

違うのです。

 

新宿のスタッフには味覚から徐々に変えていただき そして患者さまに、味覚を感じる、作り手がわかるパンを少しだけ召し上がっていただきます。

いわゆる、治療費をいただき、

すべてが利益にするのでなく。

ボランティアやチャリティーの

仕組みをきちんと 仕事の中に作りあげていきます。時間はかかると思いますが 意識を変えることは大切です。

 

いまは、2021年4月でコロナな時期で

景気は世界でも日本でも低くなり生活が大変です。その中で、妊活治療や 不妊治療やお身体の治療に来られる患者さまに、気持ちをつたえていくのは本当に大切であります。

 

フランスのドンペリニオン社や

ヴーヴクリコ社や

イタリアのフェラーリ社の過去のビジネスモデルを分野はちがいますが、分析をしていきました。

いわゆる、医療従事者達 特に 鍼灸治療院などを経営をしている方やそこで働くひとたちに

文化 って なあに?を

伝えていこうと考え行動しています

お金を単に稼ぐだけが、人生ではないはずです。

そこには、ゼロから改善も必要です

ゼロから生み出していくパワーがいりますね。

 

【地球上に 赤ちゃん、生命を1人でものママ達に 赤ちゃんが生まれてくる、プログラムをつくるのは。とても大切です。】

 

患者さまに日常の身体に良いものを食べていただき、ピュアに味覚を巣に感じる ことをお伝えしてます

 

【妊活には、食の安全、安心が必要です】

鍼灸治療だけや。漢方だけでなく。日々の生活

生きること への思いやり、を体にしっかりと着実に身につけていただく。

花一輪を部屋に飾ってみたら笑顔が生まれてきます。

皆さん気づいてくださいね。

こころの豊かさと、気配り

赤ちゃんを迎える

ママとパパの優しさや

まごころがとても必要です

 

さて、

話を 3つ星レストランの話しに変えていきます

西麻布にサイタブリアバーがあります

石田オーナーご夫妻が20年前に作った

素敵なレストラン バーです。

石田さんは、

レストラン レフェルべソンスのオーナーです

素敵なご夫婦さまの笑顔ですね。

 

 

20年まえに石田オーナーご夫妻が作った

西麻布にて朝4時まであいている 知る人ぞしる 有名なバー【 サイタブリア 】です

10年前に

レストラン レフェルべソンスが西麻布に誕生しました

昨年2020年冬に

10年かかり 世界的にレストラン部門にて

3つ星に評価がされました。

チーム30人のレストランメンバースタッフの

努力のたまものですが、

3つ星をとるとその維持をしていく努力を積み重ねが、毎日ですとレストランマネージャーが話をしていました。

日本全体の医療機関にじつは

不足している部分は、まさに、

(優しさやサービスの部分)だと、

おら気づいてください。

レフェルべソンスに一度予約して

お食事をしてそのサービスや食の素晴らしいさをどうぞ、体感してみてください。

 

写真を投稿しておきます。

西麻布3つ星レフェルべソンスのエントランス

おもてなし、いろり です。

静寂 です。

茶室に入ったような、静かなチャペルに入ったような 佇まいが時間が流れてきます、

 

10年かかり。世界に名をつたえた

レストラン レフェルべソンスの生江シェフは

JALの国際線ファーストクラスの食の監修をしています。

フレンチの巨匠 生江シェフは

世界とアジアで16位に位置する優れた世界の料理人の1人です。

48種類のお野菜は全国から

レストランレフェルべソンスに毎日朝に届くそうです。若手のサービス担当スタッフのこの笑顔と、肌の艶やかさは、化粧や鍼治療でなく

内面の美しさと、食べものなんですね。

スタッフが48種類の野菜を出してくださいました

春の山菜と、

春の花と、海の命を、

はまぐりの上で焼いて テーブルに運ばれてきました。

妊活や。不妊治療をしている方に、、

食べものが、いかに、添加物を使わないものが大切であることをお伝えしておきます。

 

カブを使ってのフレンチ料理です

素材が素晴らしい。

レストラン レフェルべソンス 3つ星

住所 港区西麻布2の26の4

電話 03 5766 9500

ドレスコードあり

食べて、赤ちゃんを宿す体をつくり。

赤ちゃんを産む身体に変えていき、そして赤ちゃんを体内で育てていく

無添加の食べものは、命を大切にしていきます

レフェべソンスオーナーの

石田夫妻の食の哲学は、

哲学は。。

地道な積み重ね。ボランティア精神、

命を守る ことは、食が基本。

 

石田夫妻はコロナの時期に

Smail food projects

をつくり医療従事者に毎日400食の食事をいまだに 手から手に いまだに。届けています

素晴らしい活動があり、背景に長年の20年の努力が、かさなり3つ星がついた。

いまの 時期にきたのかもしれませんね。

美味しいパンを作ってくださり

ありがとうございます。

このようにして、食のイノベーションは素敵に変わっています。

 

ご予約・お問合せ