ブログ↑ブログ一覧

2021/04/14

妊活と糖尿について、、アフタヌーンティーについて

    1. 若い方の特に妊活している方

不妊治療しているご夫婦の方の中に

実は生活習慣病や糖尿の方が実にたくさんいらっしゃることが 来院される患者さまのお話をきいていて本当によく理解できました。

エルヴソワン新宿院 加藤名誉院長のお膝元では。毎日 来院され治療されます患者さまに発酵紅茶やカテキンがたくさん含まれている緑茶をだしています

身体が冷えない工夫では

温かな飲み物として、、もしくは

常温で出す工夫をしています

発酵の紅茶茶葉の飲み物や漢方をのみやすくして患者さまに毎回飲んでいただいています。

 

紅茶には「血糖値上昇抑制効果」があるようです。。

紅茶茶葉には

発酵にテーマがあります。

また緑茶にはカテキンが含まれています

エルヴソワンが選ぶ紅茶について、

雑味が少ない発酵紅茶やカテキンが沢山ふくまれている緑茶を選んでいます

優れた紅茶茶葉、緑茶を選んでます

1.フォートナムメイソンの紅茶

【伊勢丹三越デパートにて選んでいただきます】

2.レストラン レフェルべソンスがTEAとして使うメイドインジャパンの紅茶

【レフェルべソンスのソムリエに聞いて選んでます】

3.帝国ホテルの紅茶

【帝国ホテルにて購入しています】

4.英国チャールズ皇太子の農園で作られたオーガニックの紅茶

【日本橋三越にて選んでいただいています】

5.TWGコットンのティーバックで包まれた紅茶

【TWG日本法人ね本社に頼み選んでいただいてます】

6.世界的なリプトンの紅茶

【リプトンの輸入もと片岡物産から購入してます】

英国エリザベス女王陛下、、

【英国のエリザベス女王陛下は

英国では。実は毎日アフタヌーンティーを召し上がります。

たしかに早朝からブレックファーストTEA

血糖値スパイクをきちんと管理されていると ある時にBBCで拝見したことがあります。】

歴史がある文化があるお国のたしなみは発酵の紅茶ですね。身体に良いものを世界から海軍が運んで帰っていたのでしょう。

東インド会社がいかにアジアやインドなどから

船を使い人間の身体によるスパイスや紅茶を船で貿易で運んだのか?はよく理解できますね。

やはり英国は全世界でより優れた地球上のものを集めていたのだと思います。

すべて 加藤院長が紅茶や緑茶は毎日試飲

新宿院で発酵紅茶は飲まれてます。身体で大観されたものを患者さまには、飲んでいただいてます。

紅茶ひとつに、きちんと目を向けています

血糖値スパイクを抑制する品を患者さまには待ち合いロビーでは、出しています。

ほうじ茶には漢方は、じつは味が似合いませんでした。緑茶にも漢方はまぜても美味しくないですが、紅茶に漢方は実に美味しく飲むことができます。ここに着目しました。

「上がった血糖値が下がらない。」

これは糖尿病を招いてしまう大きな原因の一つですが、紅茶に含まれている「紅茶ポリフェノール」には、血糖値上昇を抑制する効果があります。

予防医学的食品素材に関する研究を中心に行なっている「高見澤菜穂子氏」によると、紅茶ポリフェノールには、糖の分解・吸収にかかわっている酵素の働きを抑制する働きがあるそうです。

食後や食事と一緒に紅茶を飲む対策を取れば、血中のブドウ糖濃度が高くなってしまうのを効率的に抑制でき、糖尿病予防にもつながります。

紅茶は糖尿病 予備軍や糖尿病の方には良いのです。

脂肪の消化・吸収をサポート

糖の上昇を抑制するだけではなく、脂肪の消化・吸収をもサポートしてくれる紅茶ポリフェノール!は大切なものです。
緑茶やウーロン茶にも脂肪の消化・吸収をサポートする働きがあると言われていますが、紅茶は数あるお茶の中でも本当に優れています

紅茶中の成分「紅茶ポリフェノール」にはありとあらゆる効果があり、その中の一つが「血糖値の上昇を抑える効果」です。

糖尿病予防において大切なことは、血中のブドウ糖濃度が高くなってしまわないように、食事制限すること。

しかし、毎回の食事で血糖値を全く上げないことは不可能ではありますから

できるだけ血糖値が上がってしまわないような食事内容に切り替えるとともに、

血糖値上昇を抑制する紅茶を飲みながらの食事が効果的でしょう。

血中のブドウ糖濃度は個人によっても大きく異なるため、

 

一概に「紅茶だけで糖尿病予防ができる」とは言い切れなれません、

しかし、紅茶を飲むことで血糖値コントロールできるのも事実です。あとは 肥満も口臭も紅茶には効果があります。

「食後の飲み物は必ず紅茶にする」

「炭水化物が多いときは一緒に紅茶を飲む」など、続けやすい方法で紅茶やほうじ茶を取り入れてみていくと1年過ぎますと体質は変わると思います。チャレンジしてみてください。

 

血糖値上昇予防には

糖尿病予防にもおすすめの紅茶の飲み方をお伝えします

紅茶を飲むことで血糖値の上昇が抑えられます。また糖尿病予防にもつながることが最近では研究でわかってきました。

ただし、どのように紅茶を飲めばいいのか?

紅茶の種類は何を選べばいいのか、

1日に何杯飲めばいいのでしょうか?

国内で紅茶に関する研究を行なっている

「サントリー飲料技術研究所によると、

生活習慣病などのリスクを軽減するためには「1日3〜4杯」の紅茶がおすすめだそうです。

できれば食事と一緒に、紅茶はストレートで飲むのが効果があります。

よく優れたホテルなどにいくと

茶葉の種類を聞かれますが

 

紅茶の茶葉には実に様々な種類がありますが、茶葉の種類によって含まれる

【紅茶ポリフェノール量】がじつに大切です

スリランカで採取される「ディンブラ」と、

世界三大紅茶の一つとして称される中国産の「ウバ」において、特に高い抗酸化効果が認められたそうです。

ウバやディンブラはコクが深く紅茶の香りや味わいを楽しめる種類でもあり、食事との相性も良いと思います

レストランで食事をする時に必ず紅茶を注文されたり自宅の食事でも抗酸化が高い紅茶を一緒に召し上がっていくと良いと思います

 

しかし、取りすぎはいけません

糖尿病予防のために毎日取り入れたい紅茶ですが、一つ気をつけておきたいことがあります。

それは「カフェイン」です。

紅茶1杯分には約30mgのカフェインが含有されているため、

飲み過ぎてしまったり夕方以降に飲んでしまったりすると、

カフェインの覚醒効果によって睡眠障害を招いてしまう恐れがあります。

また、妊娠中や授乳中の女性はカフェインの影響を受けやすいと言われているため、

水分 水は一日中沢山飲んでください。

カフェインレスの紅茶やハーブTEAなどでたまには、代用をしてみましょう。ルイ・ヴォスTEAなども良いと思いますが、白湯がからだにはよいと思います

 

アフタヌーンティーでおすすめは、

新宿パークハイアットホテルの

アフタヌーンティーは要予約ですがとても

眺めも良く 加藤名誉院長のおすすめです。

加藤名誉院長の若い女子友や、ガールフレンズとのアフタヌーンティーは、こちらを使っていらっしゃいます

そのくらい、美味しいそうです

 

若さの秘訣は 多分ですが、20代の若手女子の話し相手がきっと名誉院長の若さを保つ恋の達人の人生経験なのかもしれませんね。wi…..

じっと、いまのところは、眺めておきます

そのうちに ハンマーか?スプーンで

ポンと、たたかれることもあるかもしれませんね。^_^と。ジョークで諭しておきましょう。

 

 

 

 

 

ご予約・お問合せ